広島の整体 広島自律神経研究所

あなたは このまま生涯 薬を飲み続けるつもりでしょうか?

[check]あなたの顔よりパソコンの画面ばかり観ている5分間の診察

[check]うつ病でもパニック障害でもスグ安定剤

[check]痛みには痛み止め 効かない時にはステロイドや筋弛緩剤

[check] 針治療にしても 腰痛といえばハリを腰に20~30本

何年経っても変わらない対症療法と決別し

人間を全体的 有機的にとらえ 問題の本質にアプローチすれば

心や身体は 驚くほど簡単に 大きく改善する可能性があるのは

多くの症例が証明しています。

自律神経失調症更年期障害パニック障害うつ病メニエール病・・・

病院、治療院に通っても、なかなか改善しない不調、難病は数多く

苦しんでいる方は相当な数にのぼります。

中には10年以上も苦しんで、その苦痛は軽減するどころか

年々ひどくなっている方もいます。

しかし もし あなたやあなたの家族がその1人であっても

諦めるのはまだ早過ぎます。

興味深いことに、上記の難病と言われているような症状は

西洋医学、または東洋医学の従来の方法とは異なった角度からアプローチ

すれば希望の光が見えて来るものです。


症例 1

Aさんは、何年もの間うつ病で苦しんでいまして

仕事も休みがちで、休んだ日も、朝、目覚めても床からから

起き上がることができず、結局、一日中ふとんの中で過ごしてしまうことも

頻繁にありました。抗うつ剤の量を増やしても全然良くなる兆候はなく

むしろ悪化しているような気がしていました。

そんな時に友人の紹介で整体操法を受け始めたのですが、

Aさんはどんどん変わっていきました。

食欲も出て、不思議とヤル気が湧きあがってくるようになったそうです。

朝、ふとんから楽に起き上がることができるようになったのは

何より一番嬉しいと言っています。

先日は、北海道旅行に2泊3日で行かれたそうで、以前とは別人の顔つきです。


症例 2

Kさんは、胃弱と頭痛持ちで、病院では自律神経失調症と言われ

医師から言われた指示は全て守ってきましたが

何年たっても症状は変わらず、鍼灸院でハリも打ちましたが

効果なしでした。

Kさんは、たまたまネットサーフィンで当HPに出会い、

当初は半信半疑だったようですが、健康相談で今までとは違うものを

感じ取られたようです。

彼女の場合は、ストレスの影響も強かったのですが

体癖の偏り疲労がひどく、その調整で身体が大きく変わりました。

以前は痩せ過ぎでギスギスしていた感じでしたが

今では、人相も豊かになって、笑顔もずいぶん魅力的になってきました。

整体操法で根本的に変わる

あなたが受ける施術の中心は整体操法というものですが

それは鍼灸や漢方のような東洋医学でもなければ、もちろん西洋医学でもありません。

簡潔に言えば、日本に古くから伝わる数多くの治療技術を体系化された整体

と言ってよいでしょう。

薬に頼っても根本的な解決にはなりません。

心理療法を受け続けても、身体が変らない限り

物事の捉え方、感じ方はなかなか変っていきません。


また、筋肉の緊張をほぐしたり、背骨を真直ぐにすることでは

問題は解決しません。



人間を全体的、有機的に、また、心と体を1つのものと捉え、

問題の根本的な原因に焦点を絞る、日本に古くから伝わる整体による調整で、

あなたの心と身体は大きく変わります。

指圧やマッサージではなく、カイロプラクティクでもない

日本伝統の整体である整体操法は自律神経失調症や更年期障害など

様々な病気、不調に非常に有効です。

お知らせ

自律神経失調症、更年期障害、原因不明の痛みなどに対して

安定剤、ステロイド、筋弛緩剤などの安易な使用や

強もみのマッサージが全盛の現代社会では

整体操法や「気」といったものは理解しがたいものなので

初めての方はお試し料金で、あなたのご自宅や公共施設等において

初回健康相談を受けることができます。

[check] これ以上治療で失敗したくない。

[check] 薬を使わず治したい。

[check] 対症療法ではなく全体的に治したい。

[check] 出産後、調子が悪くなった気がする。

[check] 事故に遭ってから体調が良くない。

[check] 台風が接近するだけで体調を崩す。

[check] 今ままで飲んでいた薬が効かなくなった。

[check] 頭痛がひどいけれど頭だけが原因ではないと思う

[check] 腰が痛いけれどなかなか治らないのは内臓が悪いのでは?

[check] 早く自由に行動したい!

といった方は、今すぐご相談下さい。


>>メールで相談してみる

↑ページのトップへ / トップ

ページ上部へ戻る