夏のクーラーで冷え症悪化は危険!整体で体内改善のすすめ

夏が近づくにつれ、社内やご家庭での冷房クーラーを使用して室温を落とし、

生活しやすい環境を作る事を皆さんするでしょう。女性の方はより、冷え性を悪化させる危険性を秘めていますので、整体で体内改善をし、冷え性対策で身体を健康的にしませんか。

暑さはストレスの原因?

夏の日中の気温は30℃を超す猛暑日が続きます。

通勤時間でさえも28℃など、少し歩くだけでも汗を掻くような気温となり、べたついた身体で仕事をしなければなりません。

夏の暑さは、身体と心のストレスにり、自律神経のバランスが崩れ、体調不良を引き起こすトリガーにもなってしまいます。

また、汗を掻くことにより体内のミネラル不足に陥り、食欲不振・集中力散漫・気力の低下といった問題にも発展してしまいます。

しかし、社内やご家庭には冷房クーラーがあり、室内の温度を調整し過ごしやすい環境を作り出すことが可能となります。

ただし、冷房の利用方法は女性にとって、とても深刻な冷え性を悪化させる可能性が大いにありますので注意が必要です。

冷え症悪化させないためには

設定温度を自在に操れる会社では思いのほか低い温度を設定したりする男性がいたりします。

炎天下を歩き回って営業してきた男性と、社内で一日事務作業をしている女性では体温に違いが生まれ。

男性は早く汗や熱を取り除くために、低めの温度設定に変える事が良くあるようです。

女性は、午前中の出勤する通勤電車などで汗をかき、出社した直後は低めの温度設定であっても、あまり寒さは感じません。

しかし、午後になれば身体の熱も治まり、空調が寒く感じられるようになります。午後の女性は冷房の寒さとの戦いにもなるでしょう。

冬の極寒を薄着で、じっとしているのと同じですから、体調も悪くなって当然です。

人間の体温が1℃落ちるだけで、基礎代謝や免疫力は低下し、身体の抵抗力が失われて病にかかりやすくなります。

そのため、血流が悪くなれば、頭痛・肩こり、腰痛、疲れ目、めまい、むくみ、貧血など様々な症状が表れることもあります。

そのため、整体でのアプローチは、骨盤矯正により血流の流れを良くし、体内改善と自然治癒力の向上を目指します。

そして、自律神経の働きがよくなるすると、根本的な改善を目指し冷え症やストレス改善の問題を解決していきます。

また、家庭のエアコンの標準的な設定温度は、25~28℃が環境や節電にも良いとされています。

そのため、体感温度も加味して室内にいて、寒いと感じない温度を考えて調節しましょう。

そして、社内の空調が寒い場合は、ブランケットやジャケットを羽織り、夏なのにカイロを持参することをおすすめします。

それほど、体温というのは人間の身体を動かすうえで重要です。しっかりと気を付けましょう。

最後に

夏になると冷え症が悪化するケースも増え、冷え症のお悩みを抱える女性は数多くいらっしゃいます。

そのため、冷え性を改善することは、生理痛や生理不順に不妊といった悩みも改善する身体作りにも繋がります。

冷え性は放っておくのではなく、改善させることが、健康的な身体を手に入れる近道でもあるので、今年の夏は、当院で本気で冷え症改善と向き合ってみてはいかがでしょう。

 

骨盤矯正の記事一覧

自律神経失調症の記事一覧

 

↑ページのトップへ / トップ

ページ上部へ戻る