急激な血糖値を上げる疲れやすい食事法を改善しダイエット

現代社会の男性や女性の中には、太り過ぎメタボが気になりダイエットを考える方も増えています。

残業も多く、食事も気を付けているでしょう。しかし、急激な血糖値の上昇や下降がおこることで、疲れやすい身体にもなってしまいます。

そのため、整体院がオススメする食事法をお伝えします。

血糖値ダイエットとは

ダイエットは未成年の学生や成人の男性女性に限らず、年間通してダイエットをする人は減りませんし、口コミにもなるダイエット方法がない年もありません。

血糖値ダイエットとは、血糖値をコントロールしダイエットする方法。

また、血糖値ダイエットだけで痩せるというのは難しいく、極端にカロリー摂取を制限するという方法ではありません。

そのため、すぐに体重が減って引き締まる効果を得られるものではありません。

自分の体を知り、痩せやすい体にするための効果を得るサポートするのが、血糖値ダイエットの効果。

血糖値ダイエットだけで減量するのではなく、日々、身体に負担にならない運動をしたり、間食を減らすなど組み合わせ、健康的にダイエットを行う事が重要なポイント。

また、血糖値をコントロールするために知っておいて欲しいことは、食事から糖質を吸収することにより、血糖値が上がりますが、それに反応し、体内で分泌されるインスリンの働きで、約2~3時間後には血糖値は元に戻るというサイクルを繰り返しています。

そのため、食後には血糖値が上がり、その血糖値を下げるために大量のインスリンが体内に分泌されることによって、血糖値が急降下します。

この血糖値が急降下するときに、疲れや眠気を感じ集中力が低下したりするといった状況となってしまいます。

そのため、また、甘いものが欲しくなるなど血糖値を上げようと脳が指令を出し間食をしてしまいカロリーオーバーしてしまう悪循環にもつながります。

血糖値をコントロールする食事方法

血糖値をコントロールするためには、食事法の改善が重要となります。

方法はいたって簡単で、食事を食べる順序に気を付けること。

一般的な食事は、ご飯やパンや麺・パスタなどの主食。

肉や魚などの主菜。

野菜の煮物や海藻サラダなどの副菜といったバランスよい食事を考えます。

こういった複数ある食べ物を交互に食べるのが普通の食事とされていますが、血糖値ダイエットの方法は、野菜の煮物や海藻サラダに含まれる食物繊維を一番最初に口にすることで、血糖値の急激な上昇を緩やかにしてくれる効果があります。

そして、副菜がない場合も主菜から摂取し、主食という順番で食べていく事が血糖値をコントロールすることになります。

また、主食や甘いものや、甘味料が含まれている飲料水など、糖質の摂取量が多くなってしまうものを取り過ぎるのも注意しましょう。
あとは、ダイエット目的では思いつきの無闇な欠食はしないことを押さえておきましょう。

欠食することで、食事をとった際に急激な血糖値の上昇で、3食取る食事より量が増えてしまうなどの問題にも繋がってしまいますので、

ただ、整体を受けて身体が変わってくると骨盤が締まり、それ程食事の量を必要としなくなるため回数が減っていく傾向があります。

私自身、1日1.5~2食です。

 

最後に

インスリンの分泌量や機能に問題がある、血糖値が高い状態が続く糖尿病の恐れも出てきますので、偏食ダイエットなどには注意してください。

血糖値をコントロールするダイエットは、食事改善に、食事の摂取方法、身体に負担にならない運動などで健康をコントロールし、ダイエットを成功に近づけてみては!

また、血糖値が高すぎるなど健康診断で問題が見つかり改善策を探している方は、整体院のサポートで体内改善しませんか。

血糖値を下げ、身体の機能を高め活力ある身体を取り戻す施術や、食事改善のアドバイスを聞いてみてはいかがでしょう。

 

 

痩せる整体論

骨盤矯正の記事一覧

自律神経失調症の記事一覧

 

↑ページのトップへ / トップ

ページ上部へ戻る