更年期障害は女性ホルモンが原因?整体で身体と悩みを解消

女性は閉経前後、女性ホルモンバランスの減少により更年期障害といった身体の異常に悩まされ、整体で相談を受ける女性の問題でもあります。

ホルモンバランスの減少だけが身体を異常とするのではなく、自律神経のバランスを乱している状態も影響しています。

更年期障害による身体と精神の乱れ

更年期障害とは、閉経を迎える40代後半から50代にかけて、女性ホルモンの減少が原因とも言われ、40歳を過ぎると卵巣の機能も低下し、卵巣から分泌されるエストロゲンが減少することで、体内のホルモンバランスが乱れます。

そして、自律神経の調整が出来ず、身体にさまざまな不調を起こしてしまいます。また、自律神経のバランスが崩れる事で、神経症状などを患い様々な不定愁訴に見舞われ、症状を治療しないと大きな病になる可能性も秘めている危険な病でもあります。

更年期障害の症状は 、閉経前後によっても症状が変わる厄介なものでもあります。

閉経前ですと、頭痛・動悸・息切れ・ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)・情緒不安定によるイライラや不眠により鬱などといった症状を引き起こします。

閉経後は、関節痛・膀胱炎・しびれ・眩暈・膣炎・いらつきや無気力感による鬱などの症状も複合して併発するため、普段の生活を送ることが出来なくなり、悩まされる方が多くいらっしゃいます。

また、昨今男性も更年期障害に悩まされることもあります。

身体の柔軟性が足りない更年期

年齢とともに、体力・筋力の衰えにより、身体の可動域も狭まり、身体がゆがみやすくなります。

柔軟性がなくなっていくと、内蔵機能の低下により骨盤内の臓器の血液循環にも悪影響を。

本来女性が持つ骨盤の弾力があれば、骨盤が開きすぎていれば締まりますし、締まりすぎていれば開いていました。

そのため、骨盤を締めても必要に応じて開く、弾力といった可動性を取り戻すことで、更年期の症状を軽くし解消することも可能となります。

また、整体での骨盤矯正による骨盤のゆがみを正すことで、臓器の血液循環も良くなります。

骨盤矯正などの施術を取り入れる事で、全身の調整を行い自律神経やホルモンのバランスを整えることも大切。

そして、更年期障害は、閉経だけが問題ではなく、家庭環境の変化といった、あなたの心と身体のバランスの気持ちに折り合いがつかないという事も関係してきます。

ですので、日々の生活習慣を整え正し、理解することも重要となり、ストレスのない環境づくりや、心の持ち方も相談できる場所が必要になるでしょう。

更年期は、ホルモンバランスや自律神経の問題だけでなく、現在のあなたの不安を取り除くことも大切なアプローチにもなるのです。

最後に

更年期障害で悩まされる女性の中には、ホルモン補充療法による治療を試みる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ホルモン補充治療では副作用の可能性もあるため、現状の苦痛をなおしたい思いも分かります。

しかし、副作用による新たな悩みを抱える前に、当院で根本的な身体を整える自然治癒力の強化や、ストレスを感じさせない施術で身体だけでなく心をリフレッシュさせ悩みも改善していく事をおすすめしております。

 

骨盤矯正の記事一覧

月経痛・月経不順の記事一覧

 

↑ページのトップへ / トップ

ページ上部へ戻る