産後の骨盤矯正を考えるお母さんの身体の変化は整体で施術

出産をするとお母さんの身体には変化が起こります。

体内のホルモンバランスの変化により、出産がスムーズにできるよう関節や筋肉をゆるめ産道を広げていきます。

そのため、産後の骨盤矯正よりも妊娠前の骨盤矯正が有効でもあります。

骨盤矯正は妊娠前がなぜ有効

なぜ、不妊に悩む方が現代ではこんなにも増えているかというと、生活習慣や冷え性といった問題が多く、仕事でのストレスや運動不足といった要因もあります。

このような、状態でいざ妊娠と考えると、身体が妊娠しやすい体質ではなく、妊娠しにくい身体のため不妊外来などが混雑し悩まれるご夫婦が多くいらっしゃるとも言えます。

そして、結婚・妊娠以前よりも女性の身体の悩みには、腰痛・冷え性・生理不順といった悩みが多く、この症状が起因しているとも考えられています。

そのため、産後の体系の乱れや、体の不調の為に取り入れる骨盤矯正は産後ではなく、妊娠よりも前に取り入れる事が重要となります。

骨盤矯正により、姿勢のゆがみや体の土台を正すことで、内臓系が整い血液やリンパの流れといった基礎代謝の向上。

そして、自律神経調整による治療は副交感神経を優位にさせリラックスさせてくれますので、自分本来の力といった自然治癒力も高めてくれる効果を見込めます。

このような基本的な身体の造りを整える事で、日常生活でも病気をしない健康的な身体を持つことで、妊活も順調に進められることとなるでしょう。

産後の骨盤矯正は意味がない?

最初に、産後すぐの骨盤矯正は必要ないというのが、当院での見解でもあります。

ただ、これは絶対ではありません。

まず、女性の身体のホルモンバランスは男性と違い変化が起きやすいもので、とくに妊娠してからのバランスの乱れは激しいものです。

そして、出産後は赤ちゃんを育てるために、母乳を与えるためにホルモンバランスが変わっていきます。

また、子育てのために時間が不規則になったり、抱っこなどで身体に負担がかかったりなど妊娠前に比べて負担が掛かる。

このことにより、骨盤のゆがみや股関節、腰などに影響や負担となります。

しかし、出産前に自然治癒力が高まっていれば、自然と開いた骨盤は元に戻ります。

なぜなら、骨盤を緩めるホルモンが出なくなるので自然と骨盤は閉まっていくのです。

ただし、この負担も女性の身体ひとり一人違うため、ひどく筋肉がねじれ損傷したり、歪みがひどいこともあるでしょう。

そのため、一概に産後の骨盤矯正が不要とは言い切れません。

もちろん、産後うつといったストレスなどにより精神的バランスが崩れてくることも考えられます。

それほど、女性の身体のバランスが崩れやすくなっているのが出産とも言えます。

そのため、妊娠などに限らず、身体のケアを受けておくことをオススメしております。

最後に

女性の身体のバランスとは、とても繊細でナイーブなものです。

妊娠を考えている女性も、子供を産まないと考えている女性も、バランスを整える事で、日々の暮らしを快適に過ごしたいというのは同じです。

もし、不妊・ひどい生理痛・更年期障害などの女性特有のお悩みでお困りの際は、当院にて診察・施術を受け、生活習慣のアドバイスなどアフターケアも全力でサポートさせていただきます。

 
骨盤矯正の記事一覧

月経痛・月経不順の記事一覧

 

↑ページのトップへ / トップ

ページ上部へ戻る