脳からの指令が原因?内臓へのアプローチが骨盤矯正の解決へ

日々の生活の中で、決まって痛む部分ってありませんか。

肩付近や、腰周辺。マッサージや病院に通って治ったと思って大いに遊んでみると、また同じ場所が痛くなりしつこく繰り返していませんか。

遊び過ぎのせいかなぁ。ちょっと姿勢なおしてみようと背筋を伸ばして仕事してみたりしても、症状が消えないのは困りますよね。

脳へ送られるSOS信号が体を狂わせる?

痛みのある場所の近くや、背骨や骨盤のゆがみにより、毎回同じ場所が痛くなるという症状はよくあります。

ゆがんでいる背骨や骨盤の周りの筋肉はこり固くなっています。

なぜ、筋肉は委縮し固くなるのでしょう。

それは、日々の生活での疲労がやストレスの蓄積が潜在的に、脳へ働きかけてる可能性が高いとも言えます。

その疲労が内臓に溜まり脊髄神経を通しSOS信号を送り続けています。

この信号が膨大になると脳は処理しきれません。すると、脊髄神経の情報を減らします。

情報を減らされたことにより筋肉が縮まりゆがみを発症してしまいます。

そのため、こり固まった筋肉だけにゴリゴリ押しのマッサージや、骨盤矯正ベルトなどのグッズでアプローチしたとしても、

大本の内臓の疲労から起る背骨や骨盤の歪みは、内臓をアプローチしていない為、根本的な解決には結びつかないでしょう。

情報パンクを解決させる整体のアプローチ

脳への情報がパンクしかけている状態だと、内臓疲労の情報を脳へ送れず歪みを助長させてしまいます。

今使っている、冷蔵庫の中身がいっぱいだから、新しくて大きな容量が入る冷蔵庫に買い替えれば事足りるのですが、残念なことに人間の脳は交換ができないのです。

では、どうすればいいかというと、脳を活性化させ機能向上を図りましょう。

脳が健康であれば、残業や遊びなど疲れや、多少のケガをした場合も、人間の体は自然治癒力が働き回復するのです。

症状というのは、人に休みましょうと伝えるサインとも言えるのではないでしょうか。

脳が元気であれば、大概のことは己の力で回復してしまうでしょう。

例えば重症化を招く可能性のあるウィルス系風邪の症状も、ワクチンなどを打たなくても、自分の力で感染せずに済みます。

 

最後に

骨盤矯正や自律神経というのは、一人で悩んでいても解決策がみつかるものではございません。

病院などの診察を受けることや、整体などを利用して回復の糸口をしっかり見つける事が重要です。

もしも、症状が消えないことで不安になりましたら、一つずつ回復の兆しを見つける手段を取る事をオススメします。

健康的な身体を取り戻すチャンスにもなり、そして、あなたの持つ自然治癒力を高めるのを手助けさせていただくのが整体でもあります。

 

骨盤矯正の記事一覧

↑ページのトップへ / トップ

ページ上部へ戻る