自律神経失調症に影響する人間関係とは…?

ストレスの多い現代社会

ストレスの多い現代社会

自律神経失調症の原因の一つと言われているのがストレスと言われており、

精神的なもの。肉体的なものとさまざまな原因が重なり引き起こされる病気の一つといえます。

過度なストレスは現代社会においては、働くうえでは避けられないといった部分ではあります。

人間関係を築いていくと考えると、相手の悪いところばかり見ていると、これも精神的にはよくありません。これは言葉を与える側、受

けとる側、どちらにも言えることではあります。

あの人のせいでこうなった!

あの人がだめだから、巻き込まれた!

こういった意識を持つと、その人に対して不満感や不平感という短所的なものばかり見てしまい、その人と何かをするたび、共に行

動するたび、すでにそこに精神的なストレスが生まれ、そういった人間関係のストレスから、精神的な負担となり、自律神経失調症の

一つの原因となるストレス負荷がかかってしまいます。

ストレスの対処法

なかなか視線を向けるのは難しい部分でありますが、その人の短所を探すのではなく、長所を見つけるようにすると、また異なる視

線で評価を与えることとなり、不平や不満も緩和されていきます。

 

特に受ける側は、人間関係での立場によっては反感も口にすることができず、発散することができず、精神的なストレスだけを与え

てしまうのも注意しなければなりません。

 

相手を批判する与える側もストレスとなりますが、受け取る側も同様に短所ばかり怒られてしまっていたり、常に批判ばかり受けつづ

け、毎日毎日マイナスなことばかり言われ続けている側も、誰でも自信喪失に繋がってもしまいますし、精神的な負荷ストレスも大き

く積もっていってしまいます。

 

こういった心のバランスも人間関係を保っていく中では非常に大事です。

時には、褒めることや、相手の主張も聞いてあげること。相手を理解してあげることが、短所である部分があっても、長所も見つけて

あげられやすくなります。

 

もちろん、今の現代社会。まったく怒られない。批判をされないというのは、人と人の繋がりがある以上は絶対に避けることはできま

せん。少なからずストレスは抱えてしまうものです。

 

ですが、自律神経失調症の原因となる精神的なストレスの緩和は、考え方や捉え方一つで変わっていくものです。こういった地道な

コントロールが、対策方法の一つでも非常に大事なことといえます。

ならない。ならせない。こういった気持ちの改善をすることで、うまく回避することができます。

 

 

↑ページのトップへ / トップ

ページ上部へ戻る