酷い生理痛を和らげるには骨盤矯正に頼るだけでは変化なし

女性にとって、毎月やってくる生理痛は耐えがたい腹痛といった激痛に悩まされていませんか。

仕事中に、酷い生理痛を和らげるために座る姿勢を変えてみたり、生理痛を和らげる薬を飲んだり、食べ物を配慮しても変化なし。

悩みの種を取り除くには整体を頼りましょう。

生理痛がひどくなる原因は3つ

女性の身体で問題視されるのが、冷え性です。

この冷え性が、生理痛を激痛とする原因の1つ目。

冷えによる血行不良により、血行が悪くなると子宮口が狭くなり、経血が流れにくくなり、生理中に分泌されるプロスタグラジンというホルモンが過剰に分泌されてしまい、子宮が収縮して激しい痛みを引き起こしています。

 

2つ目は、ストレス。生理前・生理中の女性は自律神経のバランスが崩れやすくなり、普段であれば気にもならないことで涙してしまう。

イライラして怒ってしまう。このように、情緒不安定に陥ることもあります。

精神的な疲労も多いですが、過密労働による身体のストレスが溜まる事で、不眠・血行不良・ホルモン分泌抑制といった悪循環を作り出してしまうのがストレスとなります。

 

3つ目は、子宮や卵巣が圧迫され機能が低下するため、骨盤の弾力がない状態。そのため、骨盤のゆがみといった症状が、女性ホルモンのバランスを崩し、生理不順などを引き起こしているのです。

生活習慣と骨盤矯正で整理痛を和らげる

生理痛が悪化すると、子宮筋腫や子宮内膜症という病気になることも考えられます。命に別状はありませんが、酷い腹痛やめまいといった生理痛以上の症状を引き起こしてしまいます。

そのため、生理痛を和らげるためには、根本的な原因を取り除く、骨盤へのアプローチをすることで、ゆがみや弾力を正すことも重要ですが、何より生活習慣の見直しが生理痛を和らげるために必要。

デオドラント志向の現代人の暮らしでは、胸郭の弾力が失われ筋力低下による血行不良を招いています。デスクワークで長時間座っていると、筋力は自然と落ちていき新陳代謝も低下。

そのため、冷え性も改善されません。ウォーキングやストレッチなど、すぐにでも生活に取り入れる事ができる運動で身体を鍛えなおす事も必要。

また、生活リズムを安定させ、血行を良くする食べ物や、体を温める食べ物を積極的に食べることも効果的となり、自律神経やホルモンバランスも安定していきます。

最後に

生理痛に悩む女性にとって1カ月に一度やってくる、激痛を和らげるためにも生活習慣を正し、骨盤から姿勢を改善し、正常な身体の働きを取り戻すことで自然治癒力も最大限引き出すことが可能となれば、

一時的な骨盤の矯正だけでなくトータル的にアプローチし、神経・筋肉・関節に刺激を与え生理痛だけでなく、健康的な身体を取り戻すことをオススメしております。

 
骨盤矯正の記事一覧

 

↑ページのトップへ / トップ

ページ上部へ戻る