骨盤矯正も脳が怠けてしまうことで自然治癒力が損なわれる

身体が弱まると、薬を飲まなければ治らないと考える人は多いと思いのでは。

わずかな体調不良を感じたら、症状がないのに予防のために薬を飲んでおこうと考える人もいます。

しかし、そのような生活を繰り返すことにより治癒力を発揮して治そうという力が怠けてしまいます。

それは本来の人間が持つ自然治癒力に背を向ける事に繋がります。

 

身体の能力を過保護にしないで欲しい

例えば、お子さんがこけてしまって膝を擦りむいて泣いてる場合、

こけ方にもよりますが、後頭部を激しく打ち付けたなどの危険性がない場合、

お子さんに「立ちなさい」と促すことがありますよね。

もちろん、泣きながらもお子さんは立ってくれるでしょう。

身体も同様なのです。

風邪かもしれない。という思考で、薬を飲む予防はあなた自身で、あなたの身体を守ったようにも感じますが、

実はあなた自信があなたの身体を弱らしているのかもしれません。

なぜなら、身体の機能というのは、使わなければ衰えてしまいます。

適度に使うことで機能もアップし、身体を適度に働かせることで健康を保つ秘訣と言えるでしょう。

 

骨盤矯正の大切さは身体への理解

ぎっくり腰や猫背といった腰の痛みによる骨盤矯正を受けられる方も多く、骨盤の歪みが伴う症状も少なくありませんが、

他の治療法では痛み自体を取り除くという考え方で治療が行われます。

しかし、痛み自体も身体の運動制限であったり、痛みを感じることにより身体の治癒力が働きだすという面がありますので、すべて悪いものと考えないでください。

痛みの程度が酷ければ、疲労が身体に溜められているという事。

そして、同じ痛みを何度も繰り返す人は、痛む部分のみを集中的に治そうとしているケースが高まります。

そして、症状の元を正さずに、痛みだけを消しても再発するというケースは少なくありません。

根本的な改善とはいかず、痛みが続くことで慢性的にもなり、症状も危険な状態に陥る事も考えられるので注意が必要。

そして、痛みはつらく苦しいものです。

痛みを取り除き、病気を完治させたいという方の多くは、病院に通院したり、矯正ベルトやマッサージなどを受け、筋力を付けたりすることもあるでしょう。

しかし、整体における身体の正しさとは、それらが必要のない身体にするというのが整体の考え方でもあります。

 

最後に

整体は人間の体の中にある生命力や気力を呼び起こすことを目的とし、当然、技術面も必要な要素ですが、

身体のゆがみが正常な状態に戻ることで、あなた自身の体内でバランスを取り始めます。

生を授かった以上、自分自身の健康を諦めず、課題をクリアしていくことで効果は必ず出ると信じましょう。

治らないだろうと諦めないでください。身体の状態や症状に合わせた適切な施術を受け、

自然治癒力を高める事で病気にならない身体作りを目指すことが大切です。

 

骨盤矯正の記事一覧

↑ページのトップへ / トップ

ページ上部へ戻る