自律神経失調症のしびれの原因の対策

自律神経失調症の症状の一つとして、手足のしびれを感じる人もいらっしゃいます。

これは病気によるものと、とらえられがちですが、正確な表現としては自律神経失調症が引き起こす原因に伴い、

手足のしびれの症状を引き起こす根本的な原因としては、血流の流れが悪くなることが主な原因となります。

どうして血流が悪くなると、手足のしびれが出てしまうのか? 詳しく解説していきます。

自律神経失調症のしびれのメカニズム

自律神経失調症によるしびれの原因は、血流が悪くなることがあげられます。

この血流が悪い状態、身体を正常に巡らせるための酸素が不足してしまいます。

そのことが原因で、手足の神経にも影響しこの神経が正常に機能しないことにより、しびれや痛みを感じるといった状態に陥ってしまいます。

酸素が不足すると、神経に影響するこれを改善してあげる必要が何より不可欠。

しびれの特徴としては、身体が悪い場合だと片方の手や足、などの症状を引き起こしますが、全体的にしびれたような症状が、自律神経失調症には多いケースです。

自律神経失調症によるしびれの対策方法は?

通常、交感神経と副交感神経のバランスにより正常に体の修復機能が働き、手足をしびれなどを感じないないのですが、

自律神経失調症の影響により、交感神経が優位に、そして過剰に働くことで、

身体全体に縮みが入り、関連椎骨の硬直、血管も当然ながら収縮・縮小され、血行・血流が悪くなります。

女性の場合は椎骨の連動から婦人科系の不調にまで及んでしまうことも少なくありません。
自律神経失調症を専門とする整体に通い、身体の軸となる血流を促進し、本来身体が持っている自然治癒力を高めてあげること。

こういったことも大事な一つの治療の形となります。

もちろん、病院の診断・チェックされて用いられる処方箋や、もしくは漢方も効果がないわけではありません。

治し方が悪い、治る可能性がないわけでもありません。
現状、なかなか治療効果が見込めない場合、当院でも併用して来院される方も多くいらっしゃいます。

普段の生活では、しびれる箇所などにシャワーを浴びせたり、蒸しタオルなど温かいものをあてる(冬場などは特に寒さのため血流が悪くなるため)ことも、自分で日々できることです。

温めることも大事ですが、冷やさない対策。夏場のクーラーを直にあてない等、こういった心がけも大切です。
交感神経が過剰に働くことで、血流が悪くなるため、身体のケアも大切ですが、音楽を聴いたり、

女性の方は活用されているかもしれませんが、市販のアロマ、ハーブなどリラックス効果を感じる香りもストレスを緩和する作用があるので、

こういったケアもしてあげると、合わせて併用してケアしてあげることも、完治させるための対策の一つであることも決して忘れてはいけません。

↑ページのトップへ / トップ

ページ上部へ戻る